人を宝とし、
21世紀の土木工事を創造する。

明治43年の創業以来、人と人とのつながりを大切にしてきました。
人なくして「土木」という巨大なものづくりは実現できません。

お客様は宝です。
川口組は株式会社大林組の協力会社として
創業以来、強いパートナーシップを築いてきました。
他社に真似できない新工法や新技術を用いた施工ノウハウを、
この強固な信頼関係のもとで磨き続けています。

協力会社の皆様は宝です。
建設業界は職人が支えてきたといっても過言ではありません。
だからこそ、川口組は知恵と工夫を磨き、
職人の皆様との連携による相乗効果を生み出しています。

そして、社員は宝です。
新たな知恵と工夫で100年を超える施工ノウハウに変化を加え、
21世紀の土木工事の創造に取り組んでいます。

愚直に、真面目に、誠実に、無事故・無災害で安全な工事を。
社会インフラの整備ですべての人を幸せにするために、
川口組はこれからの100年を歩んでまいります。

代表取締役 加藤 利男